Capricious Nov 2005

マカロニ大会に2年ぶり4回目の出席をしました。
いろいろな話をすることができ、大変楽しい一日を過ごすことが出来ました。
やはり私は音源系統の方に行ってしまうのですが、そこはそれで話が通じる
方は多々揃ってまして、どのジャンルからもマカロニ・ウエスタンが楽しめる
メンバーとなっており、心配することなど何もありませんでした。

また、これまでも資料等充実しており、下手な映画関連本を買うよりはよっぽど為
になります。
(精鋭が揃っているので当たり前ですが)

・映像
・銃器
・ガンプレイ
・音源
・人物
・ロケ地
・過去/現在の情報
等などの精鋭たちが揃っているわけですから、物凄い集まりと言えるでしょう。
それと忘れてはいけない、各皆さんの凝ったコスプレ。ちゅんげーよ。
私は何の糞の足しにもならず、ただただおこぼれ情報を獲ようと躍起になっている
ハイエナ野郎でしたが。(小心者なので子羊おやじかなぁ)
大会は、映像によるデ・マージ追悼の作品集、「西部の無頼人」本編(この映像、日本語版は見事!)、
他作品によるマカロニ・テイストな部分の映像集等など、見ごたえ十分の内容でした。
展示内容も、ポスターやきょうきさんのデ・マージレコードジャケット等楽しめました。
もちろん、その後の親睦ともいえる早撃ち指南、早撃ち大会、ビンゴ大会等など盛りだくさん、
その後の2次会など話が尽きず、時間が早くすぎて行くのが恨めしかったです。
(早撃ち測定器?作成は、いつものようにBandidosさん。すばらしい!)
私は久々の酒気帯びなので、その後夜通しゲ○を吐き続けた次第にございます。
しかし、悔いはございません。やっぱり参加して良かったという気持ちです。
翌朝は無礼ではありましたが用事がある為、関係者の皆様に挨拶もできずに新幹線ホームへ
そそくさと向かいました。(人気があまりなく寒かった...。昨夜の喧噪との違いが大きすぎ)
いつものように"あ〜あ終っちまった"というような気だるい身体を引き摺りながらの帰宅でした。
その夜、眠気と体調不良の私は、駅構内で購入した525円の味噌煮込みうどん(半生タイプ固めん・
八丁味噌付き・2ケ入り)
を土鍋で煮て、一人食卓にて定まらない視点をどこに向けることでもなく、思い出しながら食しました。

午前0時を少し過ぎてました...