Capricious Sep 2006

トーマス・ミリアン(Tomas Milian)という主にイタリア映画に出演していた役者さんがおります。
日本で公開されたものは今私の脳みそで思い浮かぶ一部タイトルだけでも「国境は燃えている」、「情無用のジャンゴ」、
「ガン・クレイジー」、「復讐のガンマン」、「血斗のジャンゴ」、「恋人泥棒」、「続シンジケート」、「ガンマン大連合」、
「暴走ひったくり750」等々と切がありません。
ですが、知らない人ばかりがというのが現在の状況ではないでしょうか。
私は学生の頃から大好きでありました。昔TVでイタリアB級作品をやっていてちょと見るかというと、何となく出演
していたりしておりました。「タフ・ガイ 殺人ボクサー」、「ミラノ殺人捜査網」の悪役だったっけ?なんか主役よりも
惹かれるのです。「荒野の処刑」などでも存在感は群を抜いていると思います。
そんなミリアンですから、出演した映画などのサントラ盤も多々存在しておりこれまた嬉しく思います。
ただし、内容はどうだかですが...。

「タフ・ガイ殺人ボクサー」はTVで観たときいい曲と思っていましたが、アルバムを聞いたらあれれ?
そんなでもないじゃない...てな感じでした...。
黄金無頼のカルロ・ペスが音楽を担当しております。

Directed by Umberto Lenzi
Music by Bruno Canfora
ポリスアクションもの?

Directed by Bruno Corbucci
Music by G. e M. De Angelis

Nico Giraldiもの。

昔というか90年代ですが、ビジネス・ホテルに泊まっているときTVで映画でもみるかと、チャンネルを回すと
「リベンジ」という映画が始まり、あーアメリカ映画じゃなぁと思ってオープニング・クレジットをねころがって見
ていたらTOMAS MILIANと出てきたので、びっくり感動!そのまま最後まで見た記憶があります。
なんかとても太って、禿げてたような...。悪役でさらに脇でしたが、まあ存在感はありました。

(注)これは昨年2006年9月に企画したものです。
あえて紹介年月の変更をしておりません。
この後続きを書こうと思っていましたが、次回?ということで。物もどっかに行って見つからないし...